キャブオーバー

ミニバンのスタイルにキャブオーバーがあります。このキャブオーバーが開発されることで、小さくて広いミニバンを実現することが出来るようになりました。

キャブオーバースタイルのミニバンは、エンジンが前席の床下に配置されています。運転の安全性と衝突時の安全性の向上をするために前輪を前の方に設置したでしょう。これにより、ボンネットが無くなり、その分だけ運転席を前に出して見やすい状態にしたのです。ただ、こうすることで衝突時に脆い状態になってしまい、現在の日本ではこのタイプのミニバンが減りつつあるでしょう。ちなみに、バスやトラックなどが同じような形ですが、このスタイルを改良しているため衝突してもこれよりは頑丈にできています。

キャブオーバーという名前ですが、これは居住空間と言う(cabin)とエンジンルームの上(over)でキャブオーバーと言う呼称をしているでしょう。この呼称通りの車がキャブオーバーと言うミニバンのスタイルです。
このようにキャブオーバーのミニバンが在るでしょう。現在ではこのようなミニバンが少なくなっていますので、獲得したいと考えている場合は、探す必要が在りますので注意してください。ただし、上記で説明したようにデメリットが在りますので注意してください。

Comments are closed.

最近の投稿