シンプルなデザイン

「マツダの救世主」と言うあだ名がついている初代デミオは、同社にとって忘れることが出来ない程の自動車になりました。当時、いろいろな方向に販売チャンネルを設置しこれが大失敗したため、経営難に陥っていました。この状況を打破するため、限られた予算で開発されたのがこの車でした。

徹底的にシンプルにしたデザインをはじめとして、立体駐車場にギリギリはいることが出来る高さ、最大限に確保された車内スペースなど、とても実用的なものでした。その結果同じクラスのコンパクトカーだけではなく、高級セダンやミニバン、果ては軽自動車からもユーザーがたくさん乗り換えをし大ヒットとなったのです。

Comments are closed.

最近の投稿