RJCカー・オブ・ザ・イヤーを受賞

ミニバンブームの真っ只中において、あの大ヒットを記録したマツダのデミオはRJCカー・オブ・ザ・イヤーを受賞し、日本では特別賞をいただきました。当時このジャンルの車はその高さが問題となっていました。立体駐車場に入ることが出来ない理不尽さや、不便さを抱えていたのです。そこに目を付け、この問題点をクリア出来るように設計されています。

それから、あくまでも「道具」というコンセプトで、デザインは無骨な角ばった物となっています。これらが功を奏し、その使い勝手や取り回しの良さなどから、爆発的に売り上げが伸びたのです。自動車ジャーナリストたちにも好評であり、その経営危機から救ったことで「マツダの救世主」という、たいそうなあだ名までつくことになったのでした。

Comments are closed.

最近の投稿