マツダ デミオ

一昔前は、高級スペシャリティクーペやスポーツカーなどが売れていました。しかし、エコロジーや環境問題などが話題になってくると、メーカーはこぞってコンパクトカーや軽自動車を開発するようになりました。もちろん、ユーザーからの需要も同じく高まっていきました。

デミオもそんな中のひとつであり「マツダの救世主」と呼ばれるほどの売り上げを記録し、とても有名になりました。この大ヒットの影には、こだわりの「道具」というコンセプトがありました。デザインの無骨さや、立体駐車場にぎりぎり入ることのできる車体の高さ、また室内空間の圧倒的な広さなどを武器にして、当時経営不振に陥っていた経営を見事に立て直したのです。

現在では3代目までが生産されており、ボディが丸っこくなったのですが、それでも人気が高い車種であることに変わりはありません。

Comments are closed.

最近の投稿