福祉車両

a1180_001378

福祉車両は、スロープが付いていたり、助手席に座った人がスムーズに車椅子に戻れるように改造してあったりします。これらは構造上の問題で、ミニバンが大多数を占めています。
ヴォクシーや兄弟車のノアでも、福祉車両のモデルである「ウェルキャブ」が発売されています。これはこの2台に限ったものではなく、エスティマやアルファード、ハイエースやラクティス、カローラフィールダーやパッソなどにも採用されているシリーズであります。

そのラインアップには、3つのタイプが存在しています。
まずひとつめは、電動で回転する助手席を採用し、車外にらくらく降りることが出来るようになったものです。次は、サイドリフトアップシートモデルと呼ばれ、2列目のシートが回転するようになっており、後ろからスムーズに下車できます。
最後が、車椅子のまま乗降が出来るタイプのもので、トランクのところにスロープを設置しています。

Comments are closed.

最近の投稿