ヴォクシーの特別仕様車

ヴォクシーには、初代からいくつかの特別仕様車が存在しています。その代表とも言えるのが、「煌(きらめき)」です。これは、最初に登場した特別仕様車であり、その装備がベースと違って充実したものになっているところがポイントです。
もともとは「Z」と呼ばれるグレードで、そこにZ・Gエディションの装備していた、便利機能をいくつか取り付けました。さらに独自のドレスアップや、装備を追加しました。
スライドドアを簡単に閉めることが出来るシステム「スライドドアイージークローザー」や、リモコンでドアをロックすることが出来る、「ワイヤレスドアロックリモートコントロール」などがあります。
それから、パワースライドドアの採用や、外観のメッキによる処理をしており、これが「Z 煌」として発売されました。
さらに、このグレードアップ版として、バックガイドモニターや6スピーカー、ワイドマルチAVステーションの3つを追加で装備している「Z 煌ナビスペシャル」があります。改良版として「Z 煌IⅡ」や「Z 煌Ⅱナビスペシャル」なども登場し、その装備に磨きを掛けています。

昨今、特別仕様はメーカーや車種を問わず、カタログのラインアップで見かけることが出来ます。もちろんミニバンもこの例にもれません。
トヨタのヴォクシーにも、豪華な装備が充実したモデルが存在しています。それが、グレードの中の「X」をベースにした特別仕様車です。同じく発売されていた「煌(きらめき)」シリーズとはまた違うものとされています。
「X Limited(Xリミテッド)」と呼ばれるもので、パワーアシストドアやワイヤレスドアロックリモートコントロールが装備されています。
また、上級グレードに設定されている内装を使用しており、ベースと比べて高級感にあふれています。さらに、6スピーカーやバックガイドモニターをプラスした「ナビスペシャル」も登場しました。

Comments are closed.

最近の投稿