ヴォクシーの歴史

2001年、初代のヴォクシーが誕生しました。兄弟車のノアと同時に発売され、それまでのライトエースノアとは違い、スライドドアをボディの両側に採用しました。これにより、利便性が大幅にアップしたのがポイントのひとつです。
それから、プラットフォームは完全な新設計のものとなりました。今までは後輪駆動を採用していましたが、前輪駆動となり、それをベースにした4WDモデルが発売されたのです。
またデザインは、タウンエースノアやライトエースノアを継承しつつも、兄弟車のノアとは違って、スポーティなイメージを持つものとなっています。
また、エアロパーツによってドレスアップされることを、より前提としたモデルであると言えます。
安全装備は兄弟車のどちらも同じく、窓をオープンにしたままドアを開けようとすると、途中でストップするようになっていたりと、考えられています。

2代目ヴォクシーは、兄弟車のノアといっしょに、フルモデルチェンジされました。それが2007年のことであり、月間の販売台数は5000台との目標を持ってスタートしたのです。先代の売り上げが好調だったこともあり、コンセプトはキープされています。
先代でエンジンを見直し、新しいシステムを組み込んだものを搭載した結果、燃費が向上しているため、これも引き続き使われました。内装もさほど変わりがありません。センターメータも同じく使われています。
平成22年度の燃費基準においては、すべてのモデルでプラス20パーセントを達成しています。
それから、ノアではエアロパーツが装着されているモデルが、3ナンバーサイズで売り出されています。比べてヴォクシーでは、ワイドタイヤを装着した型が存在しています。よって、これが3ナンバーとなっているのがポイントです。ただ、基本的には、2代目においてもやはり、兄弟車で大きな違いはありません。

Comments are closed.

最近の投稿