トヨタ ヴォクシー

ミニバン市場は、今現在の自動車業界の中において、大きな盛り上がりを見せています。そのためスポーツタイプのクーペなどから乗り換えようと言う人々も増えてきました。そのニーズに応えるために、メーカーではミニバンの生産に力をいれています。
トヨタ自動車のヴォクシーも、このカテゴリーに属します。同社発売の、「ライトエースノア」の後継車種として生まれました。「タウンエースノア」の後釜である「ノア」とは、兄弟車の関係として発売されています。基本的に、兄弟姉妹として売り出される車は、
外観のデザインや一部の内装が違うだけであり、中身はまったく同じであると言う認識があります。このヴォクシーもその例に漏れず、ノアと外観のデザインが少し違うだけで、エンジンや足回りなどは同じです。環境性能には、改良を加えて対応しています。

ノアと同じく、ヴォクシーもマイナーチェンジや改良がされています。
まず外観では、フロントや、リアのコンビネーションランプのデザインを変更したのが大きな特徴です。内装は、センターメーターやシートの表皮が変わっています。
またエンジンは見直され、ノアと同じく平成17年度の燃費基準から、50パーセントアップを達成しています。22年度ではプラス5パーセントを達成しました。
同時にマイナーチェンジしたこの2台は、後期型に生まれ変わることになりました。
それからウェブキャブモデルという、車椅子に対応したモデルを「Z」と言うグレードに追加しています。さらに、2列シートの5人乗りをくわえたり、無段変速機であるCVTがここで装備されました。勿論これらもノアと同様に行われ、兄弟車であることが、よくわかるのです。

Comments are closed.

最近の投稿