ホンダ ステップワゴン

日本でミニバンを家族の車として定着させるのに大きな役割を果たしたのがホンダのステップワゴン。近年でこそ、セレナやヴォクシーといった他のモデルに販売台数では及びませんが、今でも高い人気を誇っています。現在は、標準車とスパーダという2タイプがラインナップされており、後者はよりスポーティーで走りを楽しむことができるモデルとなっています。

ホンダらしい低重心・低床パッケージから生まれる優れた安定性と居住性には定評があります。2列目・3列目ともゆとりのある広さを実現しており、特に注目すべきポイントは3列目が床下収納式になっている点。ハイルーフのMクラスではステップワゴンだけが持つこの方式は女性でも楽に操作ができるほか、ラゲッジが平らになって使い勝手が良い。この機能を実現するためか3列目のシートの薄さが気になるという評価も見られますが、リクライニングも可能で大人の男性でも問題なく座ることができます。

ステップワゴンの大きな魅力は、ハイルーフミニバンながら走りの楽しさを味わうことができるところ。日常で多用される低速域でもスムーズで気持ちのよい走りを実現するエンジン、なめらかな変速制御、コーナリングの安定性など爽快なドライブを実現する持ち味には高い評価が寄せられています。特に安定性が高いため車体の揺れも少なく、車酔いをしにくいという点もファミリー層には嬉しい設計だと言えるでしょう。コストパフォーマンスも高く、家族向けのミニバンとして申し分ないミニバンです。

Comments are closed.

最近の投稿