トヨタ プリウスα

今や新車販売台数でトップを走り続けるハイブリッド車プリウスをベースに、広さと使いやすさを追求したハイブリッドミニバンがプリウスα。デビュー当初から納車待ちの状態が続いている大人気のミニバンです。

人気の秘密は、もちろんプリウス直系の燃費性能。リチウムイオンバッテリーなど最新の技術を駆使して実現する31.0km/l1015モード燃費)という低燃費が最大の武器です。プリウスをミニバン化するにあたって3列目のシートを増やした分、燃費性能は下がっていますが、それでもミニバンの中でトップの性能を誇っています。

車両価格はやや高めになってしまいますが、とにかく燃費にこだわるという人、新しい技術に惹かれるという人にとっては大変魅力的な選択肢だと言えるでしょう。また大型の樹脂パノラマルーフも他のクルマにはない特徴で、このクルマの独自性のポイントになっています。

それでは、ミニバンとしての実用性はどうでしょうか?まず弱点としては3列目の広さ、乗り心地。頭上空間、足もとの窮屈さが否めず低い評価が多く、緊急時の補助席的な見方をするべきだという指摘もあります。それ以外については特に大きく取り上げられる弱点はあまりありません。ハイブリッド車ということで免税を受けることもできますし、エコカーブームが続く中、ハイブリッドミニバンにはしばらく注目が集まるでしょうから価値が下がりにくく、例えば3年後買取に出した場合にもリセールバリューを高く保つことができるでしょう。

Comments are closed.

最近の投稿