マツダ プレマシー

トヨタのウィッシュと同じくロールーフミニバンとして人気を博しているのがマツダのプレマシー。優れた走行性能と実用性の高さで日本市場だけでなく海外でも支持を集めている車です。スポーツカーを得意とするマツダの主力となる実力派ミニバンです。

ユニークな機能を色々と備えており、その好例がマツダ自慢のカラクリシート。2列目シートはスライドさせて独立させられる上、左右それぞれのクッションを開くと多彩な使い勝手の収納ボックスが中から現れます。こういった居住性や実用性の高さが人気を支えます。

また、コーナリングの安定さやステアリング操作への正確性など足まわりの評価は高く、癖のないハンドリングには定評があります。ミニバンではあるけれど、実質的にはコンパクトセダンに近い走りを楽しむことができます。また、5.3mと小さい最小回転半径で小回りもきき、3ナンバーサイズでありながらボンネットの形状を工夫してボディ先端の見切りを良くし視認性を高めているため車両感覚もつかみやすく、運転がしやすいという点もプレマシーの魅力。また、早い段階からアイドルストップが導入されており再始動のスムーズさはトップレベル。国内だけでなく海外でも幅広い支持を集めているのは、こういった点も支持されてのこと。側面がえぐれたような一目でプレマシーだと分かる外観だけでなく、走りや内装にも個性的な主張が見られ、国内外で高い評価と根強い人気を獲得しています。

Comments are closed.

最近の投稿