トヨタ エスティマ

発売から7年を経過しても高い人気を誇るエスティマは、高級ミニバンというジャンルを開拓し牽引してきた車。ミニバン的なハコ型のフォルムではなく全高を抑え目にした流れるようなスタイリッシュなフォルムが特徴。一方で居住スペースは広く確保され内装や装備も充実しており、3列目まで使ってフルに乗車する機会が多いユーザーに適しており、世代を問わず若者からシニア層まで幅広い層から支持を集めています。

乗車定員は7人乗りと8人乗りの2タイプがあり、2列目をキャプテンシートにしたい場合は前者となり、ベンチシートタイプの場合は後者となります。人気が高いのはキャプテンシートでスーパーリラックスモードと言われる広さを実現できる7人乗りタイプ。どちらも3列目のシートは床下収納で分割して格納することが可能となっており、フレキシブルで広いラゲッジスペースを実現しています。

またアルファードやヴェルファイアと同じエンジン構成ながらより低重心で車重が軽いエスティマは、出足が快適でコーナリングも安定感があり乗り心地は上々。ファーストクラスのようなくつろぎ感が得られるという高い評価を獲得しています。

一方で、ドライバーの視線移動を少なくするセンターメーターや三角窓を採用するなど視認性を高める工夫をされているものの、人気のエアロフォルムのためにやや周囲が見えづらく、また車体の後方ではルーフが下がってくるため後方の視界が犠牲になっているという評価もあります。試乗の際には、どちらも要チェックです。

Comments are closed.

最近の投稿