エコカー補助金

20111220日から20131月末までに登録(軽自動車は届け出)された自動車は、小型・普通車であれば10万円、軽自動車は7万円の補助金が交付される新エコカー補助金。エコカー補助金は一度終了した制度ですが、新エコカー減税と共に復活しました。

 

対象となる自動車の条件は、2015年度燃費基準もしくは2010年度燃費基準+25%を達成していることです。2010年度燃費基準+25%は、2015年度燃費基準よりもやや緩やかな基準となっており、エコカー減税の対象となる自動車に比べて補助金が交付される車種は広がっています。そのため、エコカー減税は受けることができなくてもエコカー補助金の交付が受けられる車種もありますし、多くのミニバンが補助金の対象となっています。なお、新車のみが対象となり中古車は交付を受けることができませんのでご注意を。

 

なお、この新エコカー補助金は期間はおよそ1年間しかありませんので、また、予算は3,000億円となっており、申請額が予算を上回った時点で補助金が終了してしまいます。小型・普通自動車にして約300万台分とのこと。2011年の新車販売台数がおよそ421万台ですから余裕がある数字とは言い難いかもしれません。ほしい車が基準を満たしているからと安心していると気づくと補助金が終わってしまうということも考えられます。

 

新エコカー補助金を申請する際に注意が必要なことは、交付を受けると1年間の間、事故などの例外を除いて売却をすることができません。これに反してしまうと補助金を返納しなければなりません

Comments are closed.

最近の投稿