セミキャブオーバー

ban400
ミニバンのスタイルにセミキャブオーバーと言うのがあります。これは、キャブオーバーの応用形に制作されたスタイルでしょう。この方法は、現在のミニバンでも結構多くの車に使用されているスタイルです。だから、とても良いスタイルと言っても良いでしょうね。

このセミキャブオーバーは、キャブオーバーのようにエンジンを運転席の下に設置することで、ボンネット部分を薄くしています。そして、ミニバンの中でも床面が高い状態を作ることが出来るでしょう。もちろん、それに応じて運転席の目線が高くなり、視界が良好にすることが出来るでしょう。大型のミニバンなので広くスペースが在るのも良い点でしょう。

キャブオーバーと比較した場合のメリットとしては、ボンネット部分に衝撃吸収エリアを組み込んだことで衝撃の安全性が多少有利になりました。他にも乗りやすさが多少有利になり、音や熱に対して有利になっているところも在るでしょう。しかし、デメリットが多少在ったりするので注意してください。ボンネットが在るためスペース効率が劣る部分があります。他にも、ペダルなどの高さに問題があるでしょう。このように問題が無いわけではありません。

このようにセミキャブオーバーのミニバンがあります。現在でも結構多くのミニバンに使用されているスタイルでしょう。